不動産証券化の流れ

 

証券化の流れの図表 

 

案件の受付・シミュレーション

  1. 案件の受付
  2. 案件の検討・判断
  3. 案件検討・シミュレーション結果の通知

資産の現地視察

  • 各側面の調査

    ノウハウの一例

  • 調査上の注意点とは?

   調査ポイントのリスト化、手順のマニュアル化

 

証券化業務委託契約に向けた調査と各種資料の収集

  1. シミュレーション結果と証券化選択肢の説明
  2. 物件に関する各種資料の収集
  3. オリジネーターの広報準備

シミュレーション

  • シミュレーション
  • モデルの作成
  • ノウハウの一例
  • 合理的な前提を立てるポイントは?…シミュレーション手順書
  • 最適なモデルの選択基準は?

アレンジメント契約締結

  • 契約締結

    ノウハウの一例

  • 契約上の注意点とは?

投資家募集

  1. 金融機関などへのNRL、社債の打診
  2. 証券会社などを通じた募集の打診
  3. 格付け会社への打診

投資家募集作業

  • 目論見書の作成・情報開示
  • 私募の場合の投資家の募集

    ノウハウの一例

  • 投資家にアピールする目論見書とは?
  • 情報開示のポイントとタイミングとは?
  • 最適な募集の形態とは?

証券化スキーム・倒産隔離方式の検定

  • スキームをほぼ決定
  • 倒産隔離をほぼ決定
  • 機関投資家をほぼ決定
  • 格付け会社と格付け依頼契約の締結
  • 証券化業務委託契約の正式契約

証券化の実施

  1. 証券化計画の概要の決定
  2. デュー・デリジェンス
  3. 投資家との打ち合わせ、最終合意
  4. 財務局への業務開始届出
  5. NRLの実行、証券の発行
  6. 物件の売却、資金調達

SPVの設立登記

  • SPVの設立登記

エンジニアリング・レポート

  • レポート作成

外部専門家の確保

 

証券化実施作業

・優先劣後比率 ・配当額  ・信用補完 ・公募・私募の決定 ・デュー・デリジェンスの実施

フォローアップと成果報告会

※上場、高禄方法の検討