住宅ローン診断士とは

 

 住宅ローンの新時代がはじまっています。これからは銀行やモーゲージバンク等の民間金融機関の提供する多数の住宅ローンの中から最適な住宅ローンを選択することになります。しかし住宅ローンの仕組みや手続は複雑で、金利のリスク、借りすぎのリスクが伴います。もちろん一生でもっとも高額な買い物であり、ライフプランに基づくアドバイスも重要です。

 

住宅ローン診断士補

 住宅ローン診断士協会の住宅ローン診断士補は、住宅ローンの初級知識を身につけたかたであり、学生の皆さんにはキャリア形成や就職活動で役に立ちます。

 

住宅ローン診断士

 住宅ローン診断士協会の住宅ローン診断士は、住宅ローンの専門的なコンサルティング能力を持ち、、ローンの事前審査から金銭消費貸借契約の締結に至るまでの媒介(あっせん)業務を、適法に遂行します。そしてJASCは、住宅ローン診断士の養成テキストやビジネスモデルの開発を協会と連携して推進し、それら一連の業務を社会の中に定着させる取り組みを進めます。

 

住宅ローン診断士公認インストラクター

 また、住宅ローン診断士公認インストラクターは、診断士協会のガイドラインのもとに、全国各地で住宅ローン診断士補検定のための公開セミナー、検定対策講座の講師、住宅ローン診断士認定講習の運営及び講師資格が付与されます。公認インストラクターとなるためには、別途、研修会参加・検定(有料)が必要です。(詳細は決定し次第、発表します。)