JMPAの住宅ローン診断士

 

住宅ローンを利用する方に適合的なローンを診断し、提案します

住宅ローン診断士協会の住宅ローン診断士は、住宅ローンを利用する方の希望を伺い、ひとりひとりの条件にあった住宅ローンを提案します。常にしっかりとした理念と知識に基づいてライフプランをシミュレートし、リスクを最低限に止めた住宅ローンを診断します。

 

住宅ローンの媒介(あっせん)サービスを提供します

住宅ローンの仲介には貸金業登録が必要です。住宅ローン診断士協会は、㈱JMP支援機構を窓口として貸金業の代理店登録制度を紹介しており、協会に所属し、同センターに登録することによって媒介(あっせん)業務を行うことができます。

 

中立的な第三者として適合的なローンを提案・支援します

住宅ローン診断士協会の住宅ローン診断士は、特定の金融機関や特定の商品に縛られることなく、媒介(あっせん)を専業とする貸金業登録企業と連携して、利用者に適法的な住宅ローンを提案・あっせんします。より公正中立な業務の実施のために、顧客や金融機関等から手数料を受取れるしくみを構築しています。

米国では「モーゲージブローカー」としてすでに住宅ローンの仲介者として定着しており、住宅ローンの利用者と金融機関を仲介する業務を行います。住宅ローン利用者の60%以上がモーゲージブローカーを通じて借入をしています。

 

司法書士・不動産鑑定士・税理士・弁護士・会計士…士業の面々がサポート

住宅ローン診断士協会では住宅ローン市場で求められる司法書士・不動産鑑定士・税理士・弁護士・会計士…などの団体と交流、パートナーシップを深めています。様々なビジネスチャンスを生かし、日本住宅ローン診断士協会の住宅ローン診断士がスムーズにその業務を遂行し、住宅ローンの利用者の方に喜んでもらえるようにしっかりと基盤を構築します。

 

米国モーゲージブローカー協会と提携を進めます。

よりグローバルな視点に立ち、住宅ローンについて総合的に理解し、多くの皆様に提案できるように、またインターナショナルな資格へと発展するために、住宅ローン診断士協会では米国のモーゲージブローカー協会と協力、提携を進めています。ユニバーサルな住宅ローン市場の実現を目指して、情報交換、人的交流を深めます。